行政書士橋詰事務所行政書士橋詰事務所 『気軽に相談できる相談所』として、無料相談を実施しております。
婚約問題相談所
婚約解消、婚約破棄に関する何でも相談所

メインサイト→行政書士橋詰事務所
〒553−0003  大阪府大阪市福島区福島8丁目8番3号ランドマーク福島ビル704号室
電話番号:06-6458-3621
お問い合わせは上記電話番号へ。ただし非通知電話・IP電話は応対しておりません。
行政書士には御依頼者・御相談者の守秘義務がありますので、どのような事でもお気軽にご相談ください。
※新型コロナウイルス感染防止のため、消毒用アルコールを常備しております。ご来所の方はアルコール消毒にご協力をお願い致します。マスクの着用をお願い致します。
※急な業務休業や業務時間変更がありますのでご了承ください。

[月次支援金の事前確認について]
6月から申請が始まる月次支援金の事前確認は無料です。
原則として月曜日・水曜日の13時から17時までです。ご都合の良い日時をあらかじめご予約ください。ご予約の無い突然の来所は絶対にしないでください。
申請サポートや申請そのもの(個人事業主に限ります)をお受けする場合は費用を頂きます(消費税込1万1000円)

[第4期、第5期営業時間短縮等協力金の書類の確認について]
実施期間:令和3年6月8日から7月19日まで
大阪府では、第4期、第5期営業時間短縮等協力金の申請受付にあたり、小規模事業者等の適正・円滑な申請を支援するため、大阪府行政書士会及び商工会・商工会議所(一部を除く。)において、無料で「書類の確認や相談」を実施します。
専門家等によるサポートで、申請書類の不備をなくし、審査をスムーズに行えるようにします。
当事務所での書類の確認は、事前に募集要項等をご確認いただき、必要書類を揃えた上で受けてください。
原則として月曜日・水曜日の13時から17時までです。ご都合の良い日時をあらかじめご予約ください。ご予約の無い突然の来所は絶対にしないでください。


当事務所は対面のみでの事前確認をお受けしております。不正防止のためZoom等ネットカメラを使用しての事前確認は行っておりません。ご了承ください。


業務案内 (参考事項含む)
婚約解消、婚約破棄
慰謝料請求
損害賠償請求

依頼・相談費用について
相談費用
サポート依頼費用

無料相談について
無料メール相談
無料電話相談 
初回無料面談相談

事務所案内
事務所紹介
代表紹介
地図・写真紹介

婚約問題相談所
婚約トラブル相談所 大阪市福島区にある「行政書士橋詰事務所」は、『気軽な相談所』として、豊富な実務経験、実績を活かし、婚約に関する問題で悩んでいる方、困っている方をサポート致します。

どんなことでも構いません。お気軽にご相談下さい。


行政書士法その他の法令で制限されている業務についてはお受けできません。
特別な専門的知識・経験を必要とする内容のご相談についてはお答えできない事があります。

婚約成立の判断基準
婚約は、「結婚の約束している男女の関係」です。法律的には「婚姻予約」といいます。
そして、婚約には定まった形式は必要なく、
『当事者双方の婚姻(結婚)の合意』があれば成立します。
そのため、当事者間の口約束だけでも婚約は成立します。

婚約成立の判断基準 しかし、当事者の一方が婚約成立を認めない場合、第三者に対して婚約成立を立証(証明)しなければなりません。
当事者間の口約束だけの場合、第三者に対して婚約成立を立証するのは困難です。
立証できなければ、単なる恋愛関係(自由恋愛関係)と判断され、慰謝料請求や損害賠償請求が認められない可能性があります。

婚約の立証(証拠)とは・・・ 婚約の立証・・・
『当事者双方の婚姻の合意』の証(証拠)を残しておくことです。
【婚約指輪】 客観的証拠として、婚約を立証できます。
ただ、記念品(プレゼント)としての指輪の場合には、婚約を立証することはできません。

【結納】 客観的証拠として、婚約を立証できます。

【式場予約】 客観的証拠として、婚約を立証できます。
式場予約をしていない場合(式場見学など)は、個々の事情から判断することになります。

【当事者間の口約束】
【両親への挨拶】
【友人への紹介】
婚約を立証する証拠のひとつになります。
ただ、約束・挨拶・紹介時の録音やメール、日記、メモなど裏付けがなければ、客観的証拠にはなりません。
「婚姻の挨拶」や「婚約者としての紹介」ではなく「交際相手としての挨拶や紹介」の場合には、婚約を立証することはできません。

【継続的な性交渉】
【妊娠、中絶】
婚約を立証する証拠のひとつになります。
最近は、単なる恋愛関係(自由恋愛関係)でも、継続的な性交渉などがあるため、個々の事情から判断することになります。

【新たな生活環境】 婚約を立証する証拠のひとつになりますが、個々の事情から判断することになります。

【婚約証明書】 客観的証拠として、婚約を立証できます。
当事者双方の署名、婚約日付などの記載が必要です。

無料相談
無料相談とは・・・ 国家資格者である行政書士がお受けします。

「無料相談」は、相談者のご不安を少しでも和らげられればと思い、
「問題解決のきっかけ」としてお受けしています。
頂いた御相談に対しては、出来る限り丁寧に回答致します。

●詳細は『無料メール相談』『無料電話相談』『初回無料面談相談』をご覧下さい。


無料LINE相談(行政書士橋詰事務所公式アカウントID:@lfu1012w
※氏名(フルネーム)、お住まいの都道府県をご記載ください。
※相談方法は無料メール相談に準じます。
※無料メール相談、無料電話相談、初回無料面談相談をお受けした方はご利用できません。

ともだち追加 https://lin.ee/lLJe0PM
当サイトはリンクフリーですが、公序良俗に反するサイト、アダルトサイトその他行政書士橋詰洋一が不適当と判断したサイトにはリンクをお断りする場合があります。当サイト内におけるすべての名称、文章、画像、情報の無断での転載、複製、引用等を禁止します。また当サイトはご利用者の自己責任においてご利用頂くようお願い致します。当サイトのご利用において生じたいかなる損害に対しても行政書士橋詰洋一は一切責任を負いません。また予告なく内容を変更する事があります。
Copyright(C)行政書士橋詰事務所All rights reserved